葬儀を行って故人を偲ぶ~キラキラ輝く最後のお別れ~

葬儀

マナーを知ろう

葬式

マナーというものはいかなる場所でも存在しているものです。特に葬儀などの厳粛な雰囲気で行われていく儀式では、非常にマナーや礼儀は重んじられます。事前に神戸の葬儀に関するマナーを身につけていきましょう。

Read more...

種類を把握する

葬式

亡くなられた故人を偲ぶためにも葬儀を行っていくことは必要不可欠なものです。しかし、葬儀にはどういった段取りがあり種類があるのかを急に判断することは難しいでしょう。葬儀の種類には遺族にとって負担が少ない家族葬があります。

Read more...

通夜から火葬への流れ

葬式

神戸でも葬儀は亡くなられた故人のためにも必ず行っていかなければならない重要な儀式です。残された遺族にとっても生前に関わりがあった故人を大切に思っていた人達にとっても葬儀を行う事で、故人の死をしっかりと受け止めることに繋がり、より良い形で故人とのお別れをしていくことができるのです。
葬儀を行なう際には、式に掛かる手間や料金だけではなく、故人をより大切に思う気持ちが大切です。故人にとっても思い残すことがないような葬儀になるように、故人を偲ぶ気持ちを持って葬儀の段取りを進めていくようにすることが大事なのです。
葬式の段取りの一つには通夜があります。実際に神戸でも葬儀を始める前に通夜を行っていくのは一般的なことであり、基本的に通夜はまだ儀式といった形式ではありません。そのため神戸でも通夜に参列する人は喪服である必要が無いのです。通夜が終われば、その翌日に葬儀と、告別式を行っていくのです。これらをまとめて葬式と言うのです。通夜の場合には、近親の遺族やなどが參加するものですが、葬式に関しては一般の関わりある人ならばだれでも参列出来る追悼の式であることを理解しておきましょう。
葬式の全ての進行が終了したら、神戸でも最後は棺桶と共に遺体を火葬場へと搬送していきます。この際には近親の遺族のみの參加となります。この葬式の最後の瞬間を出棺と言います。出棺を行う際には霊柩車を利用していきます。霊柩車には通常遺族が一人、二人程度一緒に同乗して火葬場へと向かっていきます。火葬への參加者が多い場合には、葬儀社からバスをレンタルすることもできるので、あらかじめ葬儀社に確認をとり、スムーズに移動が行えるようにしておきましょう。

葬儀の段取り

葬式

実際に葬儀を行う時は多くの人が慌ててしまうものでしょう。しかし、故人の遺体をそのままの状態にしておくことはできません。病院と提携している葬儀社などを利用して速やかに葬儀の段取りを組んでいくようにしましょう。

Read more...